新米収穫後も来年のための作業がいいお米を作る秘訣
新米収穫後も来年のための作業がいいお米を作る秘訣

hatakenootabesan9tayaki_1315
今年のお米の収穫は終わりましたが、稲刈りが終わっても水田はオフシーズンにはなりません。
早くも来年の那珂川の清流ホタル米のために準備が始まっています。

水田周りや水田を焼いて虫や菌を少なくしたりこれから肥料を土に混ぜたりおいしいお米を作るために
稲がない間も生産者の努力は続きます。

こちらは、来年の畑に雑草イネやコンバインからこぼれた籾が混ざらないように
手作業でお米を拾い集めている小倉のおばあちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カート (品目)

カートに商品がありません