水素水による炊飯の実験!!那珂川の清流ホタル米編

20170412_071407
普通の水と水素水でお米の炊き上がりにどのような違いがあるのか試してみるため
桂農産では、水素水の整水器を取り付けてみました。
那珂川の清流ホタル米を炊飯するときに今回はじめて水素水を使ってみました。
炊き上がりも白くきれいでつやがいつもよりある感じがしました。

水素水は、アルカリ性の水ですので一般的にお米がおいしく炊けるといわれています。
真逆で弱酸性の井戸水などが出る地域でお米を炊飯すると
固かったり、粘りのない炊き上がりのお米になります。

一番気を付けなければならないのは炊飯するときにだけ良い水を使うことでは
最も効果をあることができません。
これは、お米が最初に水を含んだときにものすごい勢いで水を米粒に吸うからです。
このため、洗米時の水も水素水でしかも、最初の研ぎ水はいち早く入れ替えることを
おすすめします。

今回、水素水でお米を炊いた感想は、表面が普段よりもなめらかで
きれいなご飯の白さとつやであること、また、冷めてから水に不純物が少ないので
黄色くなりにくいところでしょうか!!
今回、第一回目ですのでもう少しデータを集めてまた書かせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カート (品目)

カートに商品がありません